--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-09-30(Fri)

電解還元性イオン水の抗菌力データ

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

昨日紹介した電解還元性イオン水の抗菌力試験データがあったので
公開したいと思います。

抗菌力試験
(↑重たいデータですが、クリックすると拡大します。)

データを見ると、数値が減っているなぁという印象ですが
ゆっきーは、微生物の専門家じゃないので、
この数字が「へぇ~」というレベルなのか、
「おぉ~」というレベルなのかまでは説明できません。
(ごめんなさい)

ただ、このお水の抗菌力に注目して
歯医者さんでも使われているらしいので、
「そこそこ」というレベルよりは、すごいのではないかと想像しております



そうそう、抗菌といえば、時々、食中毒のニュースなど耳にしますが、
その食中毒を予防するために、厚生労働省などから「予防法」が示されていると思います。
手の洗い方とか、煮沸時間とか・・・。
それらは、ちゃんと根拠があって決められていることなので、
“まぁこんなもんでいいかぁ”と変にオリジナリティを発揮しないでくださいね。
例えば、「5分間の煮沸」とあれば必ず5分以上だし、
「60度以上」とあれば59.9度以下ではダメなんです。
単細胞の微生物は、融通なんてことは一切通じないと思ってください!!
(先日、所長さんが赤ちゃんの哺乳瓶の消毒を例に出して、こんなようなことを言っていました。。。)


さて、抗菌試験のことに話をもどすと、
表の一番下「にきび菌」だけは、ちょっと注目して欲しいところです。

たくさんの臨床実験をしたわけじゃないので
「すべての人に効果がある」かどうかは分かりませんが
少なくとも私のニキビ(吹き出物!?)には、
今年の夏もという変化がありました

明日は、その時の写真があるのでお見せしたいと思います!
(お見苦しいと思うので、明日は、食事中とか爽やかな気分の時には、ご訪問をおすすめいたしません


美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
関連記事
スポンサーサイト
2011-09-29(Thu)

電解還元性イオン水の防腐力

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

さて、今日は、「アルカリ電解還元性イオン水」の防腐メカニズム!?について
説明しようと思います。

といっても、答えは単純
アルカリ電解還元性イオン水のpH(ペーハー)は、pH12前後だから。

これ以外に説明できることは何もないのだけれど・・・
でも、これだけじゃよく分からないですよね~


化粧品の品質を劣化させる(腐らせる)微生物たちが、繁殖できるpHはご存知でしょうか?

「カビ」は、pH4~6で繁殖し、
「細菌」は、pH6~8で繁殖します。
「好アルカリ性微生物」というちょっと特殊なものは、pH10.5前後で繁殖します。

私たち人間は、多少、環境が変わっても対応する能力はあると思うのですが、
単細胞の微生物たちには、「順応する」とか「ファジーに生きる」という能力はありません。

突然変異で新種が誕生する可能性はゼロじゃないとは思いますが
今のところpH12前後で繁殖できる微生物は確認されていません。


通常の化粧品は、アイテムによって多少pHは異なりますが
弱酸性から弱アルカリ性(pH5.5~8程度)のため、
微生物の繁殖を抑えるために、どうしても何かしらの防腐剤が必要なのです


でも、化粧品の大部分を占める基材の水を精製水じゃなくって、
pH12前後のアルカリ還元性イオン水を使うことで
化粧品のpHをキープすることができれば
防腐剤を入れる必要性はなくなります。

ということで、このアルカリ電解還元性イオン水は、
今、美容業界で注目されつつあります

ただし、このアルカリ電解還元性イオン水を使えば
どんな化粧品でも防腐剤を一切使うことなく作れるわけじゃありません。
「pHを維持すること!!」が絶対条件なので
pHをキープできなければ、防腐効果は発揮されません。

防腐力が発揮できない例を挙げると・・・

・化粧品の一部に、少し添加しただけでは防腐効果は発揮できません。
 (水の配合率が低いとpHを維持できないため)

・使用できる化粧品原料にも制約があり、
 必ずしも希望する化粧品成分を配合できるとは限りません。
 (pHが中和されるなど、pHが下がってしまうため)


ということで、今のところ、この「ただし」をクリアできた化粧品は
液体の洗顔料(泡で出てくる洗顔フォーム)化粧水だけです。

美育Laboの所長さんもお客様の要望に応えるべく、
色々と処方開発しているみたいですが
NGとなることも多いみたい
出来たてほやほやの時は何ともなくても、
例えば、1ヶ月もすると成分が変質して白っぽい澱がでてきたり、
だんだんとpHが下がってきたり・・・。
品質が安定しないコスメは、市場に流通させられないですよね。。。


さて、「電解還元性イオン水を使って、防腐剤を一切使用しない化粧品」には、
やっぱり“ただし”という限定要素があること、お分かりいただけましたでしょうか

大事なことなので、もう一度言います。
「アルカリ還元性イオン水」が防腐剤なのではなく、
pHを維持することで防腐力を発揮しているのです。
どうか、これだけは、勘違いしないでくださいね!


<↓ここからはこのコスメを実際に使っている方へのお願いです↓>

・防腐力を維持すために、開封後はお早めに使い切ってください。
 開封後、何か月も経った後の再使用はお勧めしません。

・化粧水の蓋を開けたまま放置しないでください。
 うっかりふたを閉め忘れたということのないよう、ご注意ください。
 (コレ、一番やりそうなのは、ゆっきーな気がします^^;)

・違う容器に移し替えないでください。
 旅行用などに小さなボトルに入れ替えることもお勧めしていません。
 どうしてもという場合は、移し替えたら数日で使い切ってください。

・化粧水の中栓部分に直接手で触れたりしないよう、なるべく気を付けてください。


どうぞよろしくお願いいたします!!!



美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
関連記事
2011-09-28(Wed)

防腐剤を使わない化粧品

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

さて、今日は防腐剤のお話の「追記」です。

先週から、コスメの品質保持というテーマで
防腐剤のお話をアレコレ書いてきましたが
伝わっていますでしょうか?
(以前、書いた「界面活性剤」のお話は、難しかったという意見を頂戴しているので、ちょっと心配。。。


一昨日、紹介した防腐剤のあれこれを見て、
「もっと天然系のものはないのかしら」と思った方は
いらっしゃいませんか?

「植物由来の防腐剤」が存在しているのか、
はたまた、そんなものは存在していないのか・・・と問われると
答えは、
「植物由来の防腐剤は、存在しています。」

でも、「ただし」という言葉が
植物由来の防腐剤には、つきもの。

まだまだ不安定要素が色々とあるみたいで、
それらがクリアされるまでは、普及しないと思われます。
 ・一部の微生物にしか効果がない
 ・肌への刺激が強い
 ・特殊な製法
 ・ニオイが強すぎる などなど

本当は、おとといの記事の中で、
植物系では「○○エキス」、「△△エキス」などがありますと具体的な名前を出そうと思ったのですが、
辞めました。(すみません

理由は、この手の“自然派コスメ”情報は、
ある一部分だけが独り歩きしてしまう可能性があり、
そんなことになったら、私には責任が持てないから・・・。

「○○エキスに防腐効果」
 ↓
「天然の防腐剤」
 ↓
「自然由来だけの原料で作られた化粧品」
 ↓
「安全そうと思って使ったユーザーに“不安定要素”が原因で肌トラブル発生」

ね、あり得るかもしれないお話でしょう!?


誰もが知っているような大手の化粧品メーカーが
どこも商品化していないからには、
「何か理由があるのでは!?」と思って
“ただし”を探してみると、スマートユーザーになれるかもしれませんね



あれ?
でも、どこかで「防腐剤フリーの化粧品」って見たことあるような・・・
と思った方は、記憶力がいいですね~。

これです
cosme_kinou.jpg
何度か紹介した「アルカリ電解還元性イオン水」の特長をまとめた図です。

“ただし”という条件がつくけど、
このお水の特長を活かすことができれば、
「防腐剤を使わない化粧品」は、夢の化粧品ではなくなります


続きは、また明日

<参考記事>
美容レスQ活動中~化粧品の品質保持~
化粧品の天敵は微生物
化粧品原料の大雑把なまとめ
化粧品の防腐殺菌剤の条件
「抗菌剤」「防腐剤」「殺菌剤」・・・何が違うの!?
防腐剤の種類いろいろ



美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
関連記事
2011-09-27(Tue)

ダイエット&ビューティー開催中!!

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

昨日は、東京ビックサイトで開催中の「DIET&BEAUTY」へ行って参りました

今年は、このような美容関係のイベントへ足を運ぶのは
もしかして、皆勤賞!?かもと、思うゆっきーデス

さて、この「ダイエット&ビューティーフェア2011」は、
「スパ・ジャパン2011」と同時開催のイベントで
エステティックサロンをはじめ、美容関係の方のためのイベントです。

今回は、商談というより物品即売会のようなブースも多々ありましが、
ご興味のある方は、明日9/28(水)まで開催中ですので
行ってみてください!
イベントの詳細は、「ダイエット&ビューティー」のサイトをご覧くださいね。


そうそう
会場で、またまた所長さんの本を見つけたので
今回も写真を撮らせてもらってきました
コスメの真実・裏側
この本は、わざわざ会場まで行かなくっても
アマゾンなどで購入できますので、
よろしくお願いします(ぺこり)。


ところで、東京ビックサイトの最寄駅の1つは「国際展示場」。
電車で行っていたら・・・
ゆっきーは、たぶん、わざと間違えたふりをして、
お仕事ほったらかしで、
東京ビックサイトと反対側の方へ歩いて行ったかも・・・
だって、今週は「東レ パン・パシフィック」という女子テニスの国際大会が開催中なんですもの。
今年は、会場に行けそうにないのが残念ですが、
世界のトップ選手たちの試合は、迫力満点。
そうそう、マリア・シャラポワ選手も来日しているんですよ。



美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ

続きを読む

関連記事
2011-09-26(Mon)

防腐剤の種類いろいろ

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

さて、今日は、化粧品によく使われる「防腐剤」をいろいろと紹介しますね。

まずは、防腐剤と言えば、「パラベン(パラオキシ安息香酸エステル類)」。
旧表示指定成分にリストアップされていたため、
気の毒になるくらい、悪者扱いをされることが多いですね。

パラベンといっても、種類があります。
エチルパラベン
プロピルパラベン
ブチルパラベン
メチルパラベン

単体で使われることもありますが、
単独よりパラベンもしくはその他の防腐剤と併用することで
相乗効果が表れ、より少量で防腐力を高めることができます。


次に「パラベンフリー」の化粧品でよく使われるものの一つが
フェノキシエタノール」。
でも、この成分も「防腐剤」としての認知度が高まったので
最近は嫌がる方もいるようですね。


そこで「防腐剤フリー」とか「防腐剤無添加」と称する化粧品に使われるのが
グリコール系の成分。
ペンチレングリコール(1,2-ペンタジオール)」
1,2-ヘキサンジオール
カプリリルグリコール
BG(1,3-ブチレングリコール)」
プロピレングリコール」などです。
これらは保湿剤などの目的としても配合される成分なので
一見、防腐剤っぽくないのですが、
化粧品の防腐を目的に配合されることもあります。
ただ、これらの成分は、パラベンやフェノキシエタノールなどと比較すると
防腐力が低い分、配合パーセンテージが高くなります。


何がお肌に大丈夫で、どんなものが危険と言えるのかについて
「○○○○○」です、と皆様にお伝えできればすごいことだとは思いますが、
残念ながら、私には分かりません。
だって、肌質はもとより、お肌の状態や保有しているアレルゲン、体調・・・など
人それぞれなのですから・・・。

「お肌に合わない場合は、ご使用をおやめください。」
化粧品に義務付けられたこの表示、
単純だけどよくできているなぁと思うのは、私だけでしょうか!?



美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
関連記事
2011-09-24(Sat)

「抗菌剤」「防腐剤」「殺菌剤」・・・何が違うの!?

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

さて、ここ数日、化粧品の品質保持に関係することを書いていますが
「防腐剤」と表現するときもあれば「防腐殺菌剤」と書いているときもありますね~。

この違いについては、定義があるので、紹介したいと思います。

防腐殺菌剤」とか「抗菌剤」というと、
微生物を殺菌したり、増殖を抑制する化粧品成分のことで、
その使用目的によって「殺菌剤」と「防腐剤」とに分けられます。

化粧品に配合される「殺菌剤」は、
皮膚や頭皮を消毒し、清潔に保つ目的で使用されます。
アクネ桿菌の増殖を防止するニキビ用コスメのほか
フケ止め製品とか、デオドラント製品などに配合されています。
短時間で、微生物を死滅もしくは減少させる効果が必要となります。

化粧品に配合される「防腐剤」は、
微生物の汚染から化粧品を守って製品の劣化を防止する目的で使用されます。


「殺菌剤」と「防腐剤」とは、使用目的は違っているけど
時として、同一の成分が使われることがあるみたい。
一般的には、濃度が高いと「殺菌剤」、
濃度が低いと「防腐剤」として作用するので
使用目的によて区別されているそうです。


「防腐剤」と聞かされると、敬遠したくなるけど
ニキビに効くとか、消臭と言われると何の躊躇もなく使ってしまいそうな気になるのは
コスメユーザーのわがままなのかしら!?



美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
関連記事
2011-09-23(Fri)

化粧品の防腐殺菌剤の条件

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

さて、今日は予告!?どおり「防腐殺菌剤(抗菌剤)」のお話です。

昨日、「防腐殺菌剤(抗菌剤)」の条件は意外と厳しいのですよ~というところで
終わっていたので、その続きから。。。

『化粧品科学ガイド第1版(フレグランスジャーナル社刊)』を参考に
ご紹介しますね!


<防腐殺菌剤(抗菌剤)に求められる条件>

1.製剤に可溶で、結晶析出や分離が生じないこと。
 例えば化粧水の中に、防腐剤が溶けずに底に沈んでいたり
 一度は溶けてちゃんと混ざったようにみえても
 時間がたつと結晶になっていたり、分離したりしているコスメなんて使いたくないですよね~

2.無色、無臭で安全性が高く、皮膚刺激がないこと。
 「天然の防腐剤」という話は、どこからともなく現れては消えてゆきますが、
 大抵の理由は、これか次の項目に当てはまります。
 防腐効果はあるけど、やたら皮膚刺激が強かったり
 「不愉快だ!」と言いたくなるくらい臭かったり・・・

3.広い範囲の微生物に対して有効である。
 化粧品を腐らせる微生物は1種類だけじゃありません。
 カビにも細菌にも防腐力を発揮して、
 たくさんの種類の微生物に対して効果がないと
 微生物の数だけ防腐座殺菌剤が必要になってしまいます。
 例えば「100種類もの防腐剤が入った品質保障はバッチリの化粧品」とか言われても、
 そんなの欲しくないですよね~

4.処方中の各成分との適合性に富み、
 かつpHなどの条件により抗菌活性が影響されないこと。

 種類がたくさんある化粧品原料(成分)は、
 仲良しな相性の成分もあれば、
 いつもケンカばっかりしてお互いの足を引っ張り合うような関係の成分もあります。
 だから、色々な成分と相性がよくないと、安定性がキープできません。
 また、製品によってpHは様々です。
 ちょっとくらいpHが変化しても効果が変わらない防腐殺菌剤じゃないと
 とっても使い勝手が悪いのです

5.物理化学的に安定で、効力に持続性があること
 例えば、開封すれば、空気が入ります。(=菌が入る可能性がある)
 化粧品を使いきるまで、腐ってもらっちゃ困るので持続力も必要なんです。


コスメの中で、防腐剤は嫌われ者の代表みたいな存在ですが、
こんなに色々な条件をクリアして
品質保持のために頑張っている存在なので
必要以上に嫌わないでやってくださいね~。。。


美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ

化粧品科学ガイド化粧品科学ガイド
(2010/06/21)
田上八朗、杉林堅次 他

商品詳細を見る
関連記事
2011-09-22(Thu)

化粧品原料の大雑把なまとめ

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

みなさん、台風15号の影響など、大丈夫でしたか?

昨日のゆっきーは・・・
美育Laboは、台風のため臨時休業」に
してもらえばよかったと真剣に思うほど、
風はビュービュー、雨はザーザー、扉はガタガタ・・・という感じで
久しぶりに自然の脅威を感じた一日でした

あっ、もちろん暴風雨の中、下手に動かない方がいいので
台風が無事に通り過ぎてくれるよう願いつつ
パソコンに向かってカタカタとお仕事してました。。。


さて、今日は、大雑把に「化粧品の原料」はどんなものがあるかを説明してみようと思います。

◆化粧品基材
 これは、水はもちろん、保湿剤、油性原料、界面活性剤など
 化粧品をかたち作るものです。
 そのほかにも、高分子化合物、色材、香料、パーマ剤なんかもここに含まれるようです。

◆化粧品の品質保持原料
 化粧品を製造した時は完璧だけど、
 ユーザーの手元に届いた時には腐っていたなんてことがあっては一大事。
 そのためにも品質保持は大切で、昨日のテーマ「防腐殺菌剤」が入ります。
 防腐殺菌剤以外には、酸化防止剤と金属イオン封鎖剤があります。

◆化粧品用薬剤
 紫外線防腐剤、美白剤、ニキビ用剤、育毛剤・・・など機能性のある原料で
 ユーザー心理としてはたっぷり配合して、とにかく効いてほしい成分たちですね。
 抗シワ剤、抗酸化剤、肌荒れ改善剤、フケ・かゆみ防止剤、収斂剤、
 制汗・デオドラント剤、アミノ酸・ペプチド類、ビタミン剤、植物抽出物類なども
 ここに含まれます。


突然、なんでこんなことを羅列してみたか、というと
もうちょっと「防腐殺菌剤」のことを書きたいから。


このように特長の異なる化粧品原料の中から
目的に応じて、アレコレ必要なものをチョイスして、
混ぜ混ぜした化粧品の防腐殺菌剤の条件は
意外と厳しいんです。


でも、続きは、また明日。。。


美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
関連記事
2011-09-21(Wed)

化粧品の天敵は微生物

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

今日は、昨日のお話に関連して
「化粧品の天敵」についてご紹介しようと思います。

コスメの品質保持の敵といえば、何といっても「微生物」。

化粧品は、微生物による汚染を受けやすいので
何もしなければ、すぐに腐敗や変敗を起こして品質劣化し
時には、皮膚トラブルの原因となることさえあり得ます。

だから、通常は、化粧品が腐らないよう
微生物の増殖を抑えて、死滅させる目的で防腐剤が添加されています。

“死滅”というとなんだか物騒な言葉ですね~

だから、防腐剤の配合量は、
1%以下とか、0.2%以下とか、0.002%以下の濃度で添加とか・・・
それぞれの原料について、配合量の上限が決められていることが多いです。

もちろん、この配合上限を守れば、
すべての人に肌トラブルが起こらないと保証するものではないので
志のある化粧品メーカーは、「品質はキープしたいけど、なるべく防腐剤を添加したくない」という想いで、
研究を重ねては試験を繰り返し、「防腐力データ」を蓄積しています。

本来腐るものを腐らないようにする「ギリギリ」を見極めるのは難しいみたいだし、
何度も試験を繰り返すので、
意外とコストのかかることなので大変です

美育Laboの所長さん曰く
「防腐力のコントロール」は
優秀な化粧品の処方開発者のスキルの一つだそう。

全成分表示を見ただけでは、分からないことだけど
「最小限の防腐剤添加で、必要な防腐力は備えた化粧品」を
使ってゆきたいものです。



日本の化粧品は、一般的に3年間の品質保証がありますが
一度開封してしまうと、微生物が繁殖しやすくなりますので
なるべく早めに使い切ってくださいね。

“もったいない”という気持ちは、十分わかるけど
開封後、長期間使わずに放置していたコスメの再使用はおすすめしません。

そうそう、使いかけの日焼け止めを大切に来年まで置いておくというのも
ありがちなお話ですが、もちろんおすすめしません。


美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
関連記事
2011-09-20(Tue)

美容レスQ活動中~化粧品の品質保持~

こんにちは!
美育Laboのゆっきーです。

今週は、祝日が2日もあるので、
急いで仕事を片付けないと!と思うものの
久しぶりにのんびりした週末を過ごしたせいか
イマイチ、エンジンのかかり具合の悪いゆっきーです。。。

みなさまは、順調ですか


さてさて、本日は、化粧品の品質のお話です。

といっても、今日の記事は、
休みの間に、所長さんがパソコンに向かって
カタカタやっておられた様子をご紹介するだけですが・・・

実は、先日、美育Laboの所長さんが運営しているサイトに
ユーザーの方から質問を受け付けている「美容レスQ]というページがあるのですが
そちらに「化粧品の品質保持期限」について
質問が寄せられていました。
(sumireさん、いつも鋭いご質問、ありがとうございます!)

海外のコスメのパッケージには、時々、使用期限が表示されているけど
日本の化粧品では、あまりみかけない。
消費期限の見分け方の基準は、ありますか?

というような内容の質問でした。

日本の薬事法では、
3年以上の品質保持が義務付けられているという回答以上に、
シロかクロかと、明確な答えを示すことはできませんでしたが
欧米諸国と日本の文化の違いというか
民族性のようなものが現れていて、ゆっきー的には興味深い質問&回答でした。

コスメティックウェブの美容レスQ
よかったら、読んでみてください!
(↑新しいウインドウで開きます)


過去の質問なんかを読んでも
「ほぉ~」と思うこともしばしば


あっ、もちろん質問も随時受付しているので
お気軽にどうぞ!

ただし、回答できるのは、所長さんがお手すきの時だけなので
“超・せっかちさん”には、おススメしておりません。。。。


2012.4.10追記
<美容レスQより引用&一部加筆&修正>

化粧品の消費期限のことです。
日本で購入した物には記載がないのに、同じコスメを海外で購入すると、
パッケージの裏に「クリームの容器のようなマークと、
その中に6Mや12M」=開封後6M=6ヶ月、12M=12ヶ月以内に使い終えてくださいという意味ですよね。
同じ商品なのに、海外verのものにだけこういう記載があるのは、
以前から美里さんがおっしゃっているような
「十分な防腐&訴訟を避ける」ためという文化的?な違いからでしょうか?
海外のコスメの開封後消費期限は訴訟を恐れてすごーく余裕をみて書いてあるから、
多少は表示されている消費期限を過ぎても大丈夫かな(笑)なんて思ったりもするのですが…。
本当の開封後の消費期限はどう判断すればいいでしょうか?
特に日本のコスメ一切パッケージにこのことが書かれていないので、少し不安です。
日本で購入した物の、開封後の期限が薬事法?的にどうなっているのか知りたいです。
基礎化粧品は6ヶ月以内に消費できるのですが、
化粧下地、アイシャドウ、アイライナー、口紅&グロスなどは消費に1年以上かかる場合もままあります。
色ものなどは2年前…とかのものまであります。
目安があれば、捨てられるのですが、なかなか愛着もあるし、高いのでそのままです。
おおまかな開封後の目安があれば、教えてください。


いいところに疑問を持たれましたね。
まず、大勢のところでは法的な問題が基準になっているのですが、
化粧品の商品品質基準についてワールドグローバルな法規制はありませんので、
各国の法規制に従って明記されているのが基本になります。
そういう意味で、どこの国で生産されたのかによって表記方法は異なります。

で、日本の場合は薬事法で3年以上の品質保持が義務付けられていますので、
基本的には3年以内に使い切ってもらう事を原則とする事で、特に表示の義務はありません。
つまり、表示がないという事は3年間安心して使用できる、という意味です。
ただし、品質的にこれ以下で消費者に使い切ってもらいたいという理由がある場合には、
消費期限を決めて『明記して良い』事になっています。

対して海外の傾向としては、消費期限を『明記する事を義務付けている』国が多いですね。
これって、よく見るとおもしろいですね。
海外の『表示が義務』に対して日本の場合は、『表示して良い』。
これがsumireさんが懸念したところの、「日本と海外との品質への認識の違い」ですね。

で、話は戻りますが、外資のコスメが日本向けで販売されている場合、
海外の表記法に従って使用期限が設定されていませんので、
日本の法規に則って表示の義務付けがありません。
という事は、イコール3年の品質が確保されている、と考えるべきなのですが、
おそらく根本的な文化の違いがあるため、
私達が認識する『品質保持』とはニュアンスが異なると思います。

例えば、欧米の品質異常とは以下の場合が主眼におかれています。

・腐敗
・機能が失せている

対して日本の消費者は

・外観の変化
・臭いの変化

に主眼を置いて品質異常と判断する傾向がありますので、
例えば分離や変色といったものは外資では品質異常と考えていません。
まして開封後に起きたこういう現象は、自己責任というのが一般的な認識です。
仮にクリームが分離していても、機能的には問題ないのだから混ぜて使えば良い、
とまで考えるのが欧米の風潮です。

という事で、指針を示せなくて申し訳ないのですが、
感覚としては欧米のコスメは早期に外観上の変化が起きても不思議はない、
と思っておかれるのが良いかもしれませんね。



美育Laboのアシスタントゆっきーでした。

★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆
ブログランキングに参加しています。
更新の励みにしておりますのでクリックをお願いします。
「Ctrl+クリック」で全部ポチッとしてくれると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ コスメ ブログランキング blogram投票ボタン
☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★・・・☆・・・★


美里 康人のブログ
美里 康人のブログ


美育Laboのサイト「コスメティックウェブ
コスメティックウェブ
関連記事
プロフィール

cosmeticweb

Author:cosmeticweb
コスメの研究・開発現場で悪戦苦闘するアシスタント、ゆっき~のあたふた日記。

今日も美里所長はどこに行ったのやら・・・トホホ
でも、鬼のいぬ間に・・・えっへへ~♪
一般には覗く事のできない研究の現場を、チラっとお見せしちゃいま~す。
って、後で怒られたら、どしよ。。。;

Cosmetic-webへのリンク
美育Laboの運営サイト
コスメティックウェブ
美里所長さんのブログ
この≪チガイがワカル!?≫より"専門的なお話の多いアップグレード版"blog
美里所長のブログへリンク
好評!?販売中
所長さんが書きました♪第一話「精製水」のお話だけでもお読みいただけると、お得な気分になるかも!?


出版社:中央書院のHPでも販売中!
中央書院
こちらでは立ち読みもできるようです♪
ブログランキング
blogランキングに参加中♪ポチッとクリックで応援してね!
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン コスメファム コスメブログランキング
ブログランキング参加中!
過去の記事
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
グーバーウォーク
FC2カウンター
美育Laboの洗顔
今、注目の「電解還元性イオン水」で作られた洗顔フォーム。
洗顔フォーム
美育Laboの化粧水
電解還元性イオン水と美容成分だけで作られた化粧水
化粧水
投票
リンク
炭酸ガスパックの企画・製造のパイオニア
炭酸ガスパックならトラストウイングス

シートマスク・チューブ充填などが得意な化粧品OEM工場
化粧品工場エスコ

美しい人を応援するインスクエア化粧品の公式サイト
アンチエジング化粧品ならインスクエア

ニキビ・アンチエイジングなどのフェイシャルが人気のプライベートエステティックサロン
本格ニキビケアならファーレ
クリック募金
イーココロ!クリック募金
ホスピタリティクリック募金
JWordクリック募金
Twitter
follow me


美里所長さんのつぶやき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。